にぎりめし備忘録

万年初心者がDTMやギター、曲作りについて楽しく学んでいきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



スポンサードリンク


≫ EDIT

ドリアンについて

score 02


作る曲の展開がマンネリ化してきたので
音楽理論を勉強していきたいと思います


今回は
ドリアン
について書き記していきます!




スポンサードリンク







・ドリアン

リディアンと同じキャラクタリスティック・ノートを持つので、
ケーデンス・コードもリディアンと同じになる


ドリアンの時は例外的にテンションとして6(13)thが使われる



トーナル・センター=C



Dドリアンのセブンス・コードの機能

Im7  IIm7 ♭IIIMaj7 IV7 Vm7 VIm7(♭5) ♭VIIMaj7

Dm7 Em7  FMaj7  G7  Am7 Bm7(♭5)  CMaj7

T   C    なし   C/C なし    A     C/C




Dドリアンのトライアドの機能

Im  IIm ♭III IV Vm VIdim ♭VII

Dm  Em  F  G  Am Bdim   C

T   C  なし C なし  A   なし




・コードの使い方


・Im、Im7

トライアドがよく使われる。
マイナー6や、セブンス・コードに
13thのテンションを入れた形でも使われる。


・IIm、IIm7

トライアドでもセブンスでもよく使われる。

トニック・コードの近くにある
一番強いケーデンス・コードになる。

トニック・コードと並べて使うと
マイナー・コードが2つ並ぶため、
トーナル・センターを明らかにする効果がある。


・♭III、♭IIIMaj7

特別な機能を持たないので自由に使ってもいいが、
使いすぎるとFリディアンを連想させるので注意。


・IV、IV7

ケーデンス・コードではあるが、
Imと並べて使いすぎるとツー・ファイブに聴こえ、
トーナル・センターを導きたくなるので注意。


・Vm、Vm7

IVへの繋ぎに使われることが多い。


・VIdim、VIm7(♭5)

キャラクタリスティック・ノートがあっても、
アヴォイド・コードは使ってはいけない。


・♭VII、♭VIIMaj7

♭VIIMaj7にするとトニック・コードに近い
ケーデンス・コードにはなるが、
コンディショナル・ケーデンス・コードになるので
弱い解決機能しか持たない。



コード進行の例

S   W    s    w

Im6 IIm ♭IIIMaj7 IIm

T   C   なし   C 








この本にお世話になっております↓

サルでも分かる音楽理論[上巻]
サルでも分かる音楽理論[上巻]


サルでも分かる音楽理論[下巻]
サルでも分かる音楽理論[下巻]



スポンサーサイト

スポンサードリンク

| 音楽理論 | 00:50 | comments:0 | trackbacks(-)
| 関連タグ |
TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT