にぎりめし備忘録

万年初心者がDTMやギター、曲作りについて楽しく学んでいきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



スポンサードリンク


≫ EDIT

モードのコード進行について

score 02


作る曲の展開がマンネリ化してきたので
音楽理論を勉強していきたいと思います


今回は
モードのコード進行
について書き記していきます!




スポンサードリンク







・モードのコード進行

ストレス・パターンの強い部分になるべくトニック・コードを置き、
ストレス・パターンの弱い部分になるべくケーデンス・コードを置く




4小節単位

S W s w
T C T C




・ステップワイズ・モーション

FMaj7→Em7→Dm7というような、
隣のコードに動くこと

モードごとにケーデンス・コードの役割も変わるので、
各モードごとに考える必要がある。



・モーダル・ハーモニーにおいてのトライアド

7thの音にキャラクタリスティック・ノートがあるケーデンス・コードは、
トライアドの時はケーデンス・コードでは無くなる
コンディショナル・ケーデンス・コードも無くなる


Fリディアンのセブンス・コードの機能

IMaj7 II7 IIIm7 #IVm7(♭5) VMaj7 VIm7 VIIm7

FMaj7 G7 Am7 Bm7(♭5) CMaj7 Dm7 Em7

T   C/C なし    A    C/C  なし  C




Fリディアンのトライアドの機能

I II IIIm #IVdim V VIm VIIm

F G Am Bdim  C  Dm  Em

T C なし  A  なし なし C




なぜコンディショナル・ケーデンス・コードがセブンスの時だけだというと、
5番目のドミナント・セブンはドミナントモーションで5度下に解決したくなるが、
トライアドの場合はその効果は少ないから



1番目のコードの機能が変化した理由は、
1番目のトライアドのルート、3rd、5thに
キャラクタリスティック・ノートが入ることはないため。





この本にお世話になっております↓

サルでも分かる音楽理論[上巻]
サルでも分かる音楽理論[上巻]


サルでも分かる音楽理論[下巻]
サルでも分かる音楽理論[下巻]

スポンサーサイト

スポンサードリンク

| 音楽理論 | 00:40 | comments:0 | trackbacks(-)
| 関連タグ |
TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT