にぎりめし備忘録

万年初心者がDTMやギター、曲作りについて楽しく学んでいきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



スポンサードリンク


≫ EDIT

モーダル・ハーモニーについて

score 02


作る曲の展開がマンネリ化してきたので
音楽理論を勉強していきたいと思います


今回は
モーダル・ハーモニー
について書き記していきます!




スポンサードリンク







・モーダル・ハーモニー

モードのコード進行の理論。



・トニック・コード
・ケーデンス・コード
・アヴォイド・コード
・機能の持たないコード


合計4種類に分類される。



更に、ケーデンス・コードは

・ケーデンス・コード
・コンディショナル・ケーデンス・コード


の2つに分けられる。



使用するコードはダイアトニック・コードと同じだが、
コードの並べ方は、モードの中心音から始まるコードを1番目に書く。



Fリディアンのディグリー・ネーム

IMaj7 II7 IIIm7 #IVm7(♭5) VMaj7 VIm7 VIIm7

FMaj7 G7 Am7 Bm7(♭5) CMaj7 Dm7 Em7




・トニック・コード

モードの開始音から始まるコード
Fリディアンの場合は、FMaj7。

このトニック・コードに解決したくなる
進行を作るのがモーダル・ハーモニー。



・アヴォイド・コード

避けるべきコードのこと
Fリディアンの場合は、Bm7(♭5)。



モーダル・ハーモニーでは、

・ディミニッシュト・トライアド
・マイナー・セブン・フラット・ファイブ


この2つは、トーナル・センターへ解決する流れを
作りたくなるため、避けるべきとされている。



・ケーデンス・コード

キャラクタリスティック・ノートを含むコード

Fリディアンの場合、
G7、Bm7(♭5)、CMaj7、Em7が該当するが、
Bm7(♭5)はアヴォイド・コードなので除外。



・コンディショナル・ケーデンス・コード

ケーデンス・コードがトーナル・センターから数えて
1番目と5番目のセブンス・コードの場合

コンディショナル・ケーデンス・コードと呼ぶ。
Fリディアンの場合、CMaj7、G7が該当する。

「コンディショナル=条件付きの」
という意味で、使い方を間違えると
モードのコード進行ではなくなるので、
注意する必要がある。



Fリディアンのコードの機能

T…トニック・コード
C…ケーデンス・コード
C/C…コンディショナル・ケーデンス・コード
A…アヴォイド・コード


IMaj7 II7 IIIm7 #IVm7(♭5) VMaj7 VIm7 VIIm7

FMaj7 G7 Am7 Bm7(♭5) CMaj7 Dm7 Em7

T   C/C なし    A    C/C  なし  C








この本にお世話になっております↓

サルでも分かる音楽理論[上巻]
サルでも分かる音楽理論[上巻]


サルでも分かる音楽理論[下巻]
サルでも分かる音楽理論[下巻]

スポンサーサイト

スポンサードリンク

| 音楽理論 | 00:17 | comments:0 | trackbacks(-)
| 関連タグ |
TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT