にぎりめし備忘録

万年初心者がDTMやギター、曲作りについて楽しく学んでいきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



スポンサードリンク


≫ EDIT

ブルースのテンションについて

score 02


作る曲の展開がマンネリ化してきたので
音楽理論を勉強していきたいと思います


今回は
ブルースのテンション
について書き記していきます!




スポンサードリンク







・ブルースのテンション

ドミナント・ブルースでは、ドミナント・コードの上に
マイナー・ペンタトニック・スケールが乗ることでテンションが変わる



ナチュラルやオルタードの原理の応用は複雑になるので、
それらを無視し、マイナー・ペンタトニック・スケールと
重なっているコード・トーン以外をブルースのテンション
と考える。



C7
C E G B♭

F7
F A C E♭

G7
G B D F




Cブルース・メロディック・スケール

C E♭ F G B♭




これらを照らし合わせると…



Cドミナント・ブルースのテンション

赤文字=アベイラブル・テンション
青文字=アボイドノート(コード・トーンの半音上の音)

C7
E♭=#9th
F=11th


F7
G=9th
B♭=11th


G7
B♭=#9th
C=11th
E♭=♭13th




まとめ

I7、V7…#9thが使える

IV7…9thが使える




ドミナント・セブンに#9を足したコードは複雑に見えるが、
ブルース・メロディック・スケールを使うと想定すると
スケールにピッタリ合うテンションコードになる







この本にお世話になっております↓

サルでも分かる音楽理論[上巻]
サルでも分かる音楽理論[上巻]


サルでも分かる音楽理論[下巻]
サルでも分かる音楽理論[下巻]



スポンサーサイト

スポンサードリンク

| 音楽理論 | 00:30 | comments:0 | trackbacks(-)
| 関連タグ |
TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT