にぎりめし備忘録

万年初心者がDTMやギター、曲作りについて楽しく学んでいきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



スポンサードリンク


≫ EDIT

ブルー・ノートについて

score 02


作る曲の展開がマンネリ化してきたので
音楽理論を勉強していきたいと思います


今回は
ブルー・ノート
について書き記していきます!




スポンサードリンク







・ブルース・メロディック・スケール

ブルースの進行で使えるスケール
マイナー・ペンタトニック・スケールと同じ構成音。
単にブルース・スケールと呼ぶ場合もある。



Aブルース・メロディック・スケール

A  C  D  E  G
1 ♭3  4  5 ♭7




Aメジャー・キーから外れた「♭3」と「♭7」を
ブルー・ノートと呼ぶ。


ブルー・ノートを使ったスケールなので、
ブルー・ノート・ペンタトニック・スケール
と呼ぶ場合もある。



なお、スケールの呼び方は複数ある

A C D E G

Aブルース・スケール
Aブルース・メロディック・スケール
Aマイナー・ペンタトニック・スケール
Aブルー・ノート・ペンタトニック・スケール




ドミナント・ブルースで使用するスケールは
ブルース・メロディック・スケールが代表的だが、
他にも、メジャー・ペンタトニック・スケールや、
ミクソリディアンなども使用されることがある。




この本にお世話になっております↓

サルでも分かる音楽理論[上巻]
サルでも分かる音楽理論[上巻]


サルでも分かる音楽理論[下巻]
サルでも分かる音楽理論[下巻]

スポンサーサイト

スポンサードリンク

| 音楽理論 | 00:48 | comments:0 | trackbacks(-)
| 関連タグ |
TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT