にぎりめし備忘録

万年初心者がDTMやギター、曲作りについて楽しく学んでいきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



スポンサードリンク


≫ EDIT

ブルースについて

score 02


作る曲の展開がマンネリ化してきたので
音楽理論を勉強していきたいと思います


今回は
ブルース
について書き記していきます!



スポンサードリンク







・ブルース

基本的に12小節のコード進行で、
配置するコードも決まっている
ブルース形式で構成されたもの




T…トニック
SD…サブドミナント
ケ…ケーデンス

T→T→T→T→

SD→SD→T→T→

ケ→ケ→T→T





・プラガル・ケーデンス

ブルースの基本となるケーデンスのこと。
サブドミナント・ケーデンスと同じで、
IVからIへ解決する


I→I→I→I→

IV→IV→I→I→

IVIV→I→I




2・3段目が同じになるので、
9小節目にVを入れることもある。



I→I→I→I→

IV→IV→I→I→

VIV→I→I




・ターン・アラウンド

ブルース形式の最後の小節にVなどを入れ、
区切れをを分かりやすくするもの



I→I→I→I→

IV→IV→I→I→

V→IV→I→V




・ドミナント・ブルース

すべてドミナント・セブンで構成された
ブルース形式のコード進行のこと。


C7→C7→C7→C7→

F7→F7→C7→C7→

G7→F7→C7→G7







この本にお世話になっております↓

サルでも分かる音楽理論[上巻]
サルでも分かる音楽理論[上巻]


サルでも分かる音楽理論[下巻]
サルでも分かる音楽理論[下巻]

スポンサーサイト

スポンサードリンク

| 音楽理論 | 00:30 | comments:0 | trackbacks(-)
| 関連タグ |
TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT