にぎりめし備忘録

万年初心者がDTMやギター、曲作りについて楽しく学んでいきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



スポンサードリンク


≫ EDIT

無料ドラム音源「MT Power Drum Kit 2」を紹介~使用編~

mt01.jpg


こんにちは!にぎりめしです

前回の記事に続き、
無料ドラム音源「MT Power Drum Kit 2」の紹介です!

今回は使い方を紹介していきたいと思います
シンプルなので説明の必要なんてないかもしれませんが、
念のためってことで(笑)




スポンサードリンク








まず立ち上げたときの画面がこちら
mt01.jpg

EZDrummerとかSessionDrummerっぽくて好き



右下のセッティングを押すとこんな画面に
mt04.jpg

使える音の確認とMIDIマッピングの設定が出来ます
個人的にリムショット欲しかったなぁ…

右上のロードでダウンロードしたマッピングデータを読み込めます
アレンジして保存したいときはセーブからどうぞ



続いてグルーブの画面
mt03.jpg

多すぎる!

・スタイルから好きなモノを選ぶと、
隣のグルーブにズラーとパターンが表示されます

そしてグルーブをクリックすると
今度はフィルが隣に表示されます



・好きなパターンをドラッグアンドドロップでき、
DAW上のトラックにコピー出来ます

また、下部のComposerにドラッグアンドドロップすることで
簡易的なドラムパートの作成ができます

そして、そこで作成したパートを
まとめてDAWにコピーすることも出来ます



・ダブルクリックするとパターンの再生ができ、
グルーブの欄の右上でパターンの長さを選びます

最初は3barsになっていますけど
フィルちゃんのために1小節少ないんですね
ちょっと気が利きますね~



・スタイルの下のボタンでは
パターンのベロシティ=強弱を決めることができます
パターンを聴きながら弄ってみてください
結構楽しいです(笑)





続いてミキサー画面です
mt02.jpg

・キックとかの名前の上で光っているボタンを消すと
対応するものがミュート出来ます



・スネアとサイドスティックの上のボタンを点灯させると
お互いのボリュームを一気に調整できるようになります



・名前下をクリックすると音の確認が出来ます



パン・ボリュームときて、
その下にあるのがコンプ



・「COMPR」を点灯させてから下のノブを右に回すと
コンプが掛かります



・パラアウトする際はノブの下の「out1」を弄ってください
8つまでパラアウトできます



残念ながら全部のパートはパラアウト出来ないようですが、
サイドスティックとスネアを一緒にするなど、
工夫次第で対応できるので大丈夫だと思います




基本的な説明は以上です

あと、この音源に限ったことじゃないですが、
大抵ボリュームつまみをコントロール押しながらクリックすると
値をリセットできるので、知らない人は是非覚えておきましょう!




ということで、使い方の説明は以上です!

個人的にキックとスネアの音が大好き



他にも面白そうな音源があったら紹介したいですね

では、今回はこの辺で!
スポンサーサイト

スポンサードリンク

| 無料VSTi | 09:31 | comments:0 | trackbacks(-)
| 関連タグ | 無料ドラム音源MANDAaudio
TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT