にぎりめし備忘録

万年初心者がDTMやギター、曲作りについて楽しく学んでいきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



スポンサードリンク


≫ EDIT

無料ドラム音源「MT Power Drum Kit 2」を紹介~インストール編~

mt01.jpg


こんにちは!にぎりめしです

たまにはDTM関係のことも書いてみたいと思い、
無料ドラム音源MT Power Drum Kit 2を紹介したいと思います!




スポンサードリンク








URL…http://www.powerdrumkit.com/

VSTi…WindowsとMacに対応
AU …Macに対応


32ビット・64ビットに対応



フリーで64ビット対応か!
と一人で興奮していたんですが、
もとは有料だったのが無料になったらしいです
太っ腹ですね



音源に関して説明すると、
スネア、キック、すべて音色の種類は1つ!

男らしくて好き

音色ですが、かなり加工されており、
ロックに合いそうです



言葉で説明するより聴いてもらったほうが早いですね
MT Power Drum Kit 2使って曲作ったので、どうぞ
後半はドラムオンリーです


普通に使えるぞこれ!



ドラムパターンもたくさん付いているし
万年初心者の私には役に立ちそうです


あとパラアウトも出来ます!


なんて言ったって元は有料ですから
クオリティーは高いでしょうね(笑)


公式デモ↓




ダウンロードの仕方は
上記URLのトップでめちゃくちゃ自己主張している

DownloadNow!

をクリックすると、VSTiかAUかを選ぶ画面に飛ぶので
自分にあったものをダウンロードしましょう

MIDIマッピングプリセットも配布されているので
他のソフトで慣れている方はダウンロードしておきましょう




ダウンロードが終わっても
ページは閉じないでください!

後々必要になってきますのでそのままStay!




次はインストールですが、これも簡単!


1・ダウンロードしたzipを解凍

zipの中身をバラバラで解凍してしまった場合は
フォルダを新規作成し、「MT Power Drum Kit 2」
など分かりやすい名前にしてその中にすべて入れます


2・DAWのVSTフォルダに入れる

sonarを例に挙げると
32ビット C:\Program Files (x86)\Cakewalk\Vstplugins
64ビット C:\Program Files\Cakewalk\Vstplugins


3・完了!




早速DAWを起動して読み込んでみましょう
するとアクティベーション画面が出ます

ってなんだよアクティベーションって!

と思った方、ご安心ください
これは有料ソフトだった時の名残です



まず、ソフト上にコンピュータIDが表示されていると思うので
それを記録してください


そしてファイルをダウンロードしたページの右側にある
YOUR COMPUTER ID
のフォームにコンピュータIDを入れてエンターキーを押す


出てきた数字をソフトに入れれば完了です!




次回の記事では使い方を説明したいと思います

では、今回はこの辺で!
スポンサーサイト

スポンサードリンク

| 無料VSTi | 07:46 | comments:0 | trackbacks(-)
| 関連タグ | 無料ドラム音源MANDAaudio
TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT