にぎりめし備忘録

万年初心者がDTMやギター、曲作りについて楽しく学んでいきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



スポンサードリンク


≫ EDIT

ドミナント・セブン・フラット・ナインについて

score 02


作る曲の展開がマンネリ化してきたので
音楽理論を勉強していきたいと思います


今回は
ドミナント・セブン・フラット・ナイン
について書き記していきます!




スポンサードリンク







・ドミナント・セブン・フラット・ナイン

ドミナント・セブンにフラット・ナインを足したもの。
ルートを省くと、半音上のディミニッシュト・セブンになるので、

ドミナント・セブン・フラット・ナイン
=半音上のディミニッシュト・セブン


と考える。



G7(♭9)

G A♭(G#) B D F


G#dim7

G# B D F


同じと考えて良い

G7(♭9)G#dim7




G7(♭9)でGシンメトリック・ドミナント・スケールを使うのも、
G#dim7でG#シンメトリック・ディミニッシュト・スケールを使うのも、
全く同じコードに同じスケールを使っていることになる



Gシンメトリック・ドミナント・スケール

G G# A# B C# D E F


G#シンメトリック・ディミニッシュト・スケール

G# A# B C# D E F G

 


更に、2つのコードの共通点は機能にもあり、
ディミニッシュト・セブンは1オクターブを4等分したものなので、
Fdim7=G#dim7=Bdim7=Ddim7ということになる。



すべて同じコード・トーン

Fdim7
F A♭ C♭ E♭♭


G#dim7
G# B D F


Bdim7
B D F A♭


Ddim7
D F A♭ C♭




G7(♭9)をG#dim7と考えると、
半音上のAm7に解決したくなる








この本にお世話になっております↓

サルでも分かる音楽理論[上巻]
サルでも分かる音楽理論[上巻]


サルでも分かる音楽理論[下巻]
サルでも分かる音楽理論[下巻]
スポンサーサイト

スポンサードリンク

| 音楽理論 | 00:33 | comments:0 | trackbacks(-)
| 関連タグ |
TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT