にぎりめし備忘録

万年初心者がDTMやギター、曲作りについて楽しく学んでいきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



スポンサードリンク


≫ EDIT

リディアン・フラット・セブンについて

score 02


作る曲の展開がマンネリ化してきたので
音楽理論を勉強していきたいと思います


今回は、サブスティテュート・ドミナントの時に使うスケール
リディアン・フラット・セブン
について書き記していきます!




スポンサードリンク







・リディアン・フラット・セブン

リディアンの7番目を半音下げたスケール。

サブスティテュート・ドミナントの時に使うが、
代理前の元コードのオルタード・スケールと同じ。



~例~

G7のサブスティテュート・ドミナントのD♭7では、
D♭リディアン♭7を使う。



D♭リディアン

D♭ E♭ F G A♭ B♭ C




下線部の7thを♭させると…



D♭リディアン♭7

D♭ E♭ F G A♭ B♭ C♭




トーナルセンターから並べ替えると…



A♭メロディック・マイナー・スケール

A♭ B♭ C♭ D♭ E♭ F G




半音下から並び替えると…



Gオルタード・スケール

G A♭ B♭ C♭ D♭ E♭ F




つまり、

D♭リディアン♭7
A♭メロディック・マイナー・スケール
Gオルタード・スケール

これらは、全部同じスケールだと分かる。





サブスティテュート・ドミナントが出てきたら、
代理前の元コードを見つけて、
そのオルタード・スケールを使えば良い。







この本にお世話になっております↓

サルでも分かる音楽理論[上巻]
サルでも分かる音楽理論[上巻]


サルでも分かる音楽理論[下巻]
サルでも分かる音楽理論[下巻]
スポンサーサイト

スポンサードリンク

| 音楽理論 | 00:21 | comments:0 | trackbacks(-)
| 関連タグ |
TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT