にぎりめし備忘録

万年初心者がDTMやギター、曲作りについて楽しく学んでいきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



スポンサードリンク


≫ EDIT

サブスティテュート・ドミナントについて

score 02


作る曲の展開がマンネリ化してきたので
音楽理論を勉強していきたいと思います


今回は
サブスティテュート・ドミナント
について書き記していきます!



スポンサードリンク







・サブスティテュート・ドミナント

あるドミナント・セブンと同じ
ガイド・トーンを持つドミナント・セブン
のこと。
代理ドミナントともいう。



~例~

G7のコード・トーン

G B D F


ガイド・トーンであるBとFさえあれば、
G7として機能する。



D♭7のコード・トーン

D♭ F A♭ C♭(B)


G7と同じガイド・トーンであることが分かる。
よって、D♭7が代理ドミナント。



ツー・ファイブ・ワンのファイブを
サブスティテュート・ドミナントにすると、

Dm7→D♭7→CMaj7


半音で下る進行ができる。


つまり、


あるドミナント・セブンの解決先の
半音上から始まるドミナント・セブンが、
サブスティテュート・ドミナント
と考えられる。





アナライズ時のディグリーネームは、
ドミナント・セブンの代理を意味する「sub」を付け、
「subV7」「subV7/II」という風に表記する。
それぞれ、「サブ・ファイブ・セブン」
「サブ・ファイブ・セブン・オブ・ツー」と読む。


Key=C

V7 subV7
G7→D♭7

V7/II subV7/II
A7 → E♭7

V7/III subV7/III
B7 → F7

V7/IV subV7/IV
C7 → G♭7

V7/V subV7/V
D7 → A♭7

V7/VI subV7/VI
E7 → B♭7







この本にお世話になっております↓

サルでも分かる音楽理論[上巻]
サルでも分かる音楽理論[上巻]


サルでも分かる音楽理論[下巻]
サルでも分かる音楽理論[下巻]
スポンサーサイト

スポンサードリンク

| 音楽理論 | 00:30 | comments:0 | trackbacks(-)
| 関連タグ |
TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT