にぎりめし備忘録

万年初心者がDTMやギター、曲作りについて楽しく学んでいきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



スポンサードリンク


≫ EDIT

サスフォーについて

score 02


作る曲の展開がマンネリ化してきたので
音楽理論を勉強していきたいと思います


今回はサスフォーについて
書き記していきます!




スポンサードリンク







・sus4
(サス・フォー)


Gsus4→G






3rdの音を4thに吊り上げたコードのこと
4thはテンションコードの11thに相当する。


なぜ、4thを「入れる」のではなく
4thに「吊り上げる」のかというと、

例えばKey=Cのとき、
Cコードに4th(11th)のFを加えると、
3rdと4thのインターバルが半音になり、
4thがアボイドノートになってしまうから。

同様の理由で、
Gコードにも4thは加えられないので、
4thを吊り上げることになる。


基本的には、ダイアトニックの
「I」と「V」のときのみ出てくるが、
コードの内容を指定する意味で
「I」と「V」以外でも記載されることがある。



・7sus4
(ドミナント・セブンス・サス・フォー)


G7sus4→G7






ドミナント・セブンをサス・フォーしたコードのこと。

ただし、ガイドトーンである3rdが4thになることで、
ドミナントを決定付けるトライトーンが崩れるため、
ドミナント・セブンの機能はない

代わりに、同じガイドトーンを含む
IIm7の機能が生まれる


Key=C

Dm7
DFAC

G7sus4
GCDF

Dから並び替えると
DFGC


2つのコードのガイドトーン
「F」と「C」が一致!



更に言うと、

Dm7に11thを加えたDm11
DFGAC

Dm11から5thを抜くと
DFGC


つまり

G7sus4=Dm11

だということが分かる。



Dm11→G7という
定番のツーファイブの進行よりも、

ベース音が両方Gである
G7sus4→G7という進行のほうが、
スムーズに移動できる。





この本にお世話になっております↓

サルでも分かる音楽理論[上巻]
サルでも分かる音楽理論[上巻]


サルでも分かる音楽理論[下巻]
サルでも分かる音楽理論[下巻]
スポンサーサイト

スポンサードリンク

| 音楽理論 | 00:26 | comments:0 | trackbacks(-)
| 関連タグ |
TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT