にぎりめし備忘録

万年初心者がDTMやギター、曲作りについて楽しく学んでいきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



スポンサードリンク


≫ EDIT

セカンダリードミナントについて その2

score 02


前回、セカンダリードミナントについて
基本的なことを勉強しました


今回は、セカンダリードミナント上で
使えるコードスケールについて書き記します




スポンサードリンク







・コードスケール

各コード上に使うべきスケールのこと。

例えば、Key=Cのとき、
G7上ではGミクソリディアンが使える。
(使っている音はCメジャースケールと同じ)

これは、G7のコードトーンの隙間に
ダイアトニックスケールを挿入して
出来たスケールだと考える。



G○B○D○F

ダイアトニックスケールで
○を埋めていくと…

GABCDEF

Gミクソリディアンが出来る



同じ作業をセカンダリードミナントでも行うと、
以下のようになる。


V7/II
ABC#DEFG…1

V7/III
BCD#EF#GA…2

V7/IV
CDEFGAB♭…3

V7/V
DEF#GABC…3

V7/VI
EFG#ABCD…2





1のついて

パッと見、ワケがわからないので、
解決先であるDm7のルートから
並び直してみる。

DEFGABC#

Aから数えて完全5度下(D)から始まる
Dメロディックマイナーが出来た。

これを音楽用語では
Aメロディック・マイナー・パーフェクト・フィフス・ビロー
(略称名A MMP5B)という。





2のついて

1と同様、
それぞれ解決先のコードの
ルートから並び直してみる。

EF#GABCD#

ABCDEFG#

Bから数えて完全5度下(E)から始まる
Eハーモニックマイナーと、

Eから数えて完全5度下(A)から始まる
Aハーモニックマイナーが出来た。

これを音楽用語では
Bハーモニック・マイナー・パーフェクト・フィフス・ビロー
(略称名B HMP5B

Eハーモニック・マイナー・パーフェクト・フィフス・ビロー
(略称名E HMP5B

という。





3のついて

1、2と同様、
それぞれ解決先のコードの
ルートから並び直してみる。

FGAB♭CDE

GABCDEF#

FメジャーGメジャーが出来た。

つまり、2つはそれぞれ
CミクソリディアンDミクソリディアン
だということがわかる。







~簡単なまとめ~


・メロディック・マイナー・パーフェクト・フィフス・ビロー
(MMP5B)


完全5度下から始まる
メロディックマイナー
のこと。

例…V7/II



・ハーモニック・マイナー・パーフェクト・フィフス・ビロー
(HMP5B)


完全5度下から始まる
ハーモニックマイナー
のこと。

例…V7/III、V7/VI



V7、V7/IV、V7/Vのように、
メジャーコードに解決するドミナントは、
コードスケールがミクソリディアンになる。







この本にお世話になっております↓

サルでも分かる音楽理論[上巻]
サルでも分かる音楽理論[上巻]


サルでも分かる音楽理論[下巻]
サルでも分かる音楽理論[下巻]
スポンサーサイト

スポンサードリンク

| 音楽理論 | 00:37 | comments:0 | trackbacks(-)
| 関連タグ |
TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT