にぎりめし備忘録

万年初心者がDTMやギター、曲作りについて楽しく学んでいきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



スポンサードリンク


≫ EDIT

テンションコードについて その1

score 02


作る曲の展開がマンネリ化してきたので
音楽理論を勉強していきたいと思います


今回はテンションコードの基本について
書き記していきます!




スポンサードリンク








・テンション

コードの構成音以外の音のこと。

ただし、
ルートから数えて7thの位置にある音は
インターバル(音の間隔)がメジャー7thでも
マイナー7thでもテンションにはならない。

例えば、CMaj7なら
C、E、G、B以外がテンション。
(ただし、B♭は除く)



・ナチュラルテンション

ダイアトニックスケールに
含まれるテンション
のこと。

例えば、CMaj7なら
D、F、Aがナチュラルテンション。



・オルタードテンション

ダイアトニックスケールに
含まれないテンション
のこと。

例えば、CMaj7なら
D♭、D♯、F♯、A♭が
ナチュラルテンション。
(例のごとく、B♭は除く)



・テンションコード

テンションを足したコードのこと。




簡易的な図

○●○●○●○

○…コードトーン
●…テンション


コードトーンはルートから数えて
1、3、5、7番目の音。

テンションはルートから数えて
2、4、6番目の音。


ただし、
2、4、6番目にあるからといって
2th、4th、6thとは呼ばない。

1オクターブ上げて
9th、11th、13thと呼ぶ






この本にお世話になっております↓

サルでも分かる音楽理論[上巻]
サルでも分かる音楽理論[上巻]


サルでも分かる音楽理論[下巻]
サルでも分かる音楽理論[下巻]
スポンサーサイト

スポンサードリンク

| 音楽理論 | 00:40 | comments:0 | trackbacks(-)
| 関連タグ |
TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT