にぎりめし備忘録

万年初心者がDTMやギター、曲作りについて楽しく学んでいきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



スポンサードリンク


≫ EDIT

超簡単!ショートディレイで音に広がりを出す方法

DTM 02



ミックスの時、音に広がりを出す方法として

ギターを2回録音してそれぞれ左右に振る

というテクニックがありますが、
2回録音するの面倒ってときありますよね(笑)


そういう時にディレイを活用すると
簡単に広がりを出すことができます!



その方法を忘れないように
書き記しておきます




スポンサードリンク







動画の解説




・音を広げる方法

まずは音を広げたいトラックに
ステレオディレイをインサートします



そしてこんな感じにパラメータを設定
キャプチャ082




ディレイにもいろいろ種類があるのですが、
「Pingpong」という機能がある場合は、
それにチェックし、ディレイタイムを20ms前後にして下さい
キャプチャ083




まとめ

・一方のディレイタイムを20ms前後にして

もう一方のディレイタイムをその半分にする


・PINGPONGがある場合は有効にし、

ディレイタイムを20ms前後に設定する





他のパラメータはお好みで良いですが、
Feedbackは小さめが良いと思います

Dry・Wet(MIX)は原音を少し混ぜる感じで
設定するといいかも



以上!



音を広げていない場合









ショートディレイで音を広げた場合









超簡単ですね!
ボーカルやコーラスにも活用できるので
知らなかった人は是非試してみてください!

では今回はこの辺で!
スポンサーサイト

スポンサードリンク

| エフェクト実践 | 11:36 | comments:0 | trackbacks(-)
| 関連タグ | ディレイ
TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT