にぎりめし備忘録

万年初心者がDTMやギター、曲作りについて楽しく学んでいきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



スポンサードリンク


≫ EDIT

コンパウンド・コードについて

score 02


作る曲の展開がマンネリ化してきたので
音楽理論を勉強していきたいと思います


今回は
コンパウンド・コード
について書き記していきます!




スポンサードリンク







・コンパウンド・コード

いわゆる分数コードのこと。
斜線を引く書き方で左がコード、右がベース音を表す


例えば、バンドなどでCMaj7を演奏するとき、
サウンドがゴチャゴチャになるのを避けるためにベースはC、
コード楽器はアッパー・ストラクチャー・トライアドのEmを演奏する等。


CMaj7 → Em/C



他には、テンション・コードの読みにくさを
緩和させるために使われている場合もある


CMaj9 → Em7/C



また、インバージョン(転回形)を表す場合にもよく使われる


C7
ルート・ポジション
C E G B♭

C7/E
ファースト・インバージョン
最低音E、その上にG B♭ E

C7/G
セカンド・インバージョン
最低音G、その上に♭B C E

C7/B♭
サード・インバージョン
最低音B♭、その上にC E G



譜面によっては斜線ではなく、
「on」を使用する場合もある。

C7/B♭ → C7 on B♭







この本にお世話になっております↓

サルでも分かる音楽理論[上巻]
サルでも分かる音楽理論[上巻]


サルでも分かる音楽理論[下巻]
サルでも分かる音楽理論[下巻]


スポンサーサイト

スポンサードリンク

| 音楽理論 | 00:10 | comments:0 | trackbacks(-)
| 関連タグ |
TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT