にぎりめし備忘録

万年初心者がDTMやギター、曲作りについて楽しく学んでいきます

PREV | PAGE-SELECT | NEXT



スポンサードリンク


≫ EDIT

エオリアンについて

score 02


作る曲の展開がマンネリ化してきたので
音楽理論を勉強していきたいと思います


今回は
エオリアン
について書き記していきます!



スポンサードリンク







・エオリアン

エオリアンのキャラクタリステイックノートは♭6で、
♭6が変化なしにそのまま♭6であることが特徴



トーナル・センター=C



Aエオリアンのセブンス・コードの機能

Im7  IIm7(♭5) ♭IIIMaj7 IVm7  Vm7 ♭VIMaj7 ♭VII7

Am7 Bm7(♭5)  CMaj7  Dm7  Em7   FMaj7   G7

T      A     なし    C   なし    C    C/C




Aエオリアンのトライアドの機能

Im  IIdim ♭III  IVm  Vm ♭VI ♭VII

Am  Bdim  C  Dm  Em   F   G

T    A   なし  C  なし  C   なし




・コードの使い方

・Im、Im7

トライアドがよく使われる。


・IIdim、IIm7(♭5)

アボイド・コードなので使えない。


・♭III、♭IIIMaj7

使いすぎに注意。


・IVm、IVm7

ケーデンス・コードの中では一番トニック・コードから遠いが、
トニック・コードと同じマイナー・コードなので使われることが多い。


・Vm、Vm7

トニック・コードと同じマイナー・コードなので
使われることが多い。


・♭VI、♭VIMaj7

一番強いケーデンス・コードとしてよく使われる。


・♭VII、♭VII7

♭VIIの時は♭IIIに解決することは避けるべき。
トニック・コードへの解決は良い。



コード進行の例

S   W    s    w

Im  IVm  Im  ♭VI

T   C    T   C 





エオリアンかナチュラル・マイナーかの判断は、
ディミニッシュト・トライアドとマイナー・セブン♭5の有無や、
ケーデンス・コードの動きに注目すると良い





この本にお世話になっております↓

サルでも分かる音楽理論[上巻]
サルでも分かる音楽理論[上巻]


サルでも分かる音楽理論[下巻]
サルでも分かる音楽理論[下巻]



スポンサーサイト

スポンサードリンク

| 音楽理論 | 00:04 | comments:0 | trackbacks(-)
| 関連タグ |
TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT